BLOG ブログ

新型コロナ感染防止のため自宅待機が続いております。

新型コロナウイルス感染防止のため、政府から緊急事態宣言が出されましたが、皆様方におかれましてはいかがお過ごしでしょうか。
薫習庵はこの事態の重大性及び長期化を想定して、3月からレッスンを中止して、事態の推移を見守っているため、私自身自宅待機の日が続いております。
先が見えない予想できない状況というのは、モチベーションを保つというのが本当に難しいものだと実感しております。

しかしながら、何事もそうだと思いますが築き上げるのは難しく時間がかかるものですが、落ちていくのは本当に早いですね。
尺八をなかなか握る気持ちになれない日が少し続いただけで、次に吹いたときは自分の唇では無いような感触で楽器との関係を取り戻すのに時間が掛かります。
演奏会等の予定も悉く消えていくなかでは、なかなか課題曲を決めて練習するという気持ちになれずに困っております。

そういった状況ですが、このままではいけないと思い、最近はダイエットのための運動を兼ねて名塩の周辺を散歩して公園で尺八の基礎練習を始めました。

JR西宮名塩駅から続く斜行エレベーター

私の住んでおります名塩南台から、JR西宮名塩駅に向かっておりていったところから東山台(ナシオン)に入り、旧の名塩村の周りをぐるっと回って帰るのが私にとっての基本コースです。
スマホの歩数では、約1万5千歩くらいですがアップダウンがかなりありますので気持ち的にはもっと歩いたように感じます。

つい先日は、丁度塩瀬中学校の校庭で青空入学式が行われていて気持ちが良さそうでした。

塩瀬中学校の青空入学式

この斜行エレベーターの両側には階段がありますので、この階段登りを日課にしております。
斜行エレベーターを登り切ってから、更に登っていくと大きな公園がありますので、そこで休憩を兼ねて尺八の基本練習であるロングトーンなど音出しの練習をしております。

向かいの山にある住宅地が私の住んでるところです。

西宮名塩には平成元年から30年以上住んでおりますが、以前はよくここまで来て練習したものですが、久しく遠ざかっておりました。
新型コロナの影響で、久しぶりにここで練習しておりますがやはり屋外で吹くのは良い稽古になりますね。

新型コロナの感染がいつになったら治まるものか今はまだ予測ができませんが、その日が来るまで頑張って緊張感を保っていきたいと思います。