FAQ よくある質問

QUESTION 琴古流尺八とはどんな流派ですか?

琴古流尺八は、江戸時代に九州福岡出身の黒沢琴古(1710年~1771年)によって創始された尺八流派です。初代は俗名を幸八といい、黒田藩の藩士であったが浪人となった人物です。江戸へ出て一月寺や鈴法寺の吹合指南役となったことから多くの門弟を持ち、人々が他と区別して琴古流と称したことから流派となったものです。全国のいわゆる虚無僧寺に伝わる尺八曲の整理を行い、全三十六曲の琴古流本曲を制定しました。黒沢琴古の名は三代で途絶えましたが、琴古流はその後、吉田一調、久松風陽や荒木古童らにより隆盛を築き、伝承されてきました。
現在の琴古流は一つのまとまった組織ではなく、それぞれの派が琴古流として、個々に伝承された個性を大切にしながら伝承しています。
【薫習庵】では、そういった琴古流の中の竹盟社のもとで、故・松村蓬盟先生、人間国宝であった竹盟社宗家故・山口五郎先生から学んだものを一人でも多くの方に伝えていきたいと考えております。

QUESTION すぐに音が出るのか不安ですが大丈夫でしょうか?

尺八は、竹の節を抜いて歌口を作り、手孔を開けただけの非常にシンプルな楽器です。
それ故に、単に吹くだけですぐに音が出るという訳ではありませんので、音が出るまで難しいというイメージがあると思います。しかしポイントを踏まえてアドバイスすることで、音は誰でも出るようになりますのでご安心ください。

QUESTION 楽器も楽譜も持っていないのですが大丈夫でしょうか?

初めてのレッスンでは、尺八も楽譜もなくて大丈夫ですので、お気軽にお越しください。
興味を持って本格的に継続したいと思われた方には、楽器や楽譜のお世話をさせていただきます。
将来的にもずっと使える物となると、決して値段は安くありません。インターネットなどで安易に求めて無駄にならないよう、慎重に考えてから決めるのがいいと思います。

QUESTION 他流派での経験があるのですが大丈夫でしょうか?

これまでに他の流派での経験がある方も、琴古流に興味関心を持って【薫習庵】を訪ねていただけるのでしたら大歓迎です。
音色やテクニックなどにおいて細かなところまでかなりの違いがあって、戸惑うこともあるかもしれませんが、反復継続練習を積み重ねていくことで自然に伝わっていくと思いますのでご安心ください。一緒に勉強していきましょう。

QUESTION 尺八免状は必ず取得しないといけないのでしょうか?

尺八免状は、レッスンにおける各段階の修了を証するものです。また、将来尺八指導者として活動する際における一つの客観的な指標として、非常に有用になることもあります。しかし、免状申請を強制することはありません。
自分自身の励みとして、また尺八師範を目指すにあたって尺八免状を求められる方には、琴古流尺八竹盟社の免状を申請しますのでご相談ください。

QUESTION 毎週レッスンに通うことが難しいのですが大丈夫でしょうか?

特に初心者の方は、できるだけ毎週のレッスンが望ましいです。
しかしお仕事の関係などそれぞれにご都合があると思います。
月2回のレッスンやワンレッスン方式など、ご自身に合ったレッスン予約をしていただければ大丈夫です。ご安心ください。
また、レッスン教室まで通うのも困難な方については、出張レッスンも可能ですのでご相談ください。